お悔やみ 矢口高雄さん死去

2020年11月25日水曜日

雑記

記事内容とは関係なし
2020年11月20日 漫画家、矢口高雄さんが亡くなられた。
今日、次女のかおるさんが矢口さんの公式ツイッターで報告した。
81歳だったそうだ。
クラスメイトに誘われて釣りを始めた小学校5年の頃、漫画「釣りキチ三平」を知った。
ギャグ漫画しか読まなかったアホな子だったが夢中になった。

6年生になって「釣りキチ三平の釣れづれの記」の発売が新聞広告に載ったのを見てあちこちの本屋で探し回ったが見つけられず、とうとう読まないまま現在に至る。(読む!)

心が汚れた大人になった今読んでももう、感動は得られないだろうと思うと悲しいね。
あの頃のまっさらな清い気持ちには戻れないが読んでみようと思う。

「三平」は全巻コンプリートで持っている。
アニメ、タイムリーも再放送も見たおした。

「三平」平成版は飛び飛びだが持っている。(揃える!)

うちの子がチョロっと読みはじめたら「止まらなくなった。」という。
釣りはやらないが、隠れ三平ファンだ。
ああ、借りパクされたままになのを思い出した。(笑)

「マタギ」一気に読み切った。

映画「イタズ 熊」は良かった。矢口氏、セリフもらってたな。

「三平」実写版映画は”コスプレ作品”的で残念な思いをしたな。

なんか、考えがまとまらず思いつきでいろいろ書いてしまったが。



矢口高雄先生、ご苦労さまでした。
釣りの世界にドップリ浸からせてもらいました。
ありがとうございました。

御冥福をお祈り致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

注目の記事

【バス釣りは?】京都宇治川 遊漁券の真実

閲覧回数

プロフィールはこちら

PVアクセスランキング にほんブログ村

QooQ